異なる栄養素の違い

美容

DHAとはドコヘキサエン酸とも呼ばれていて、主に青魚などに含まれています。そして、私たちに良い効果を及ぼしてくれる成分だと言われています。DHAの効果は様々あります。そのDHAがもたらしてくれる効果としては、例えば脳機能に影響をもたらし、情報処理能力や記憶能力の向上してくれるという効果が有名です。人間の脳内には、脳神経にはシナプスという部分が存在していて、そのシナプスは情報伝達能力に大きく関わっている部分です。そのシナプスの構成要素の1つがDHAだと言われています。つまりこのDHAを多く摂ることにより、それはシナプスを発達させることに繋がるのです。DHAを摂ることによって脳の働きが活性化されて、記憶能力や情報処理能力が向上すると言われています。

DHAとよく似た名前の栄養素にEPAというものがあります。これは、名前だけではなく成分も良く似ていると言われていて良くDHAとEPAの効果等の比較議論も挙がりますます。EPAとは、別名エイコサペンタエン酸と呼ばれていて、DHAと同じく魚に多く含まれています。EPAの特徴としては、主に血行促進効果というのが有名です。EPAは血液をサラサラにする効能を持っていて、中性脂肪を減少する作用もあります。それらの作用が働くことで血行を促進させてくれるのです。

DHAとEPAのサプリを比較しますと、DHAは脳機能の向上に役立ちます。DHAは頭を使う機会の多いビジネスマンや学生等に人気があります。対してEPAの効果としては、血行の促進効果があり中性脂肪を減らす働きがあります。高血圧の方や中性脂肪が気になるという方に人気があると言われています。

DHAとEPAのサプリは良く効果が比較されたりしますが、これらを一緒に摂取することでより効果が向上するとも言われています。DHAとEPAの比較をして、効果などの情報を載せているサイトもたくさんありますので、興味がある方は一度調べてみると良いでしょう。